アルミホイールについて

タイヤ、ホイール、ブレーキといった俗称「パネシタ部分」は、地面の凸凹に連動して上下に動くものです。

この重量が軽量であれば凸凹に対して対応することができ、タイヤが地面を掴むことができます。

重ければ凸凹に対して上手く対応することができず、タイヤが跳ね上がるという現象が起きます。

サスペンションに与える負荷が大幅に違います。

加速減速の場合にも同じく、軽ければタイヤの回転と停止は重いよりもスムーズです。

要するにホイールにはジャイロ効果があり、重さに比例します。

重くなれば操縦性や追従性が悪くなるのです。

これらを加味するとパネシタの重量が1キロ減るということは、車体重量が10キロほど減るのに等しいほどの効果が得られるということです。

「パネシタ重量の低減は、パネウエの10倍効果」とよく言われます。

アルミホイールは鉄よりも軽くなると考えれば「走行安定性が高まる」「燃費が向上する」といった利点が生まれ、「燃費によって稼いだお金でアルミホイールを買ったも同然!」という話にもなるのです。

なるほど。。。といったところですが、実際のはなしはどの様になってるのでしょうか。

アルミホイールに変えることで

上記の理論は正しい話なのですが、カー用品店などにディスプレイされているアルミホイールの重量は、純正の鉄ホイールに比べて重量は哀しいかなアップします。

デザイン性を向上させるということから、重量にはこだわっていないという製品が多い故です。

アルミの比重は2.8、鉄は7.85ですから、本来ならば3倍の比重差による恩恵を受けても良さそうですが、その分アルミは強度や剛性が劣ります。

その分アルミホイールで強度と剛性を確保しようとすれば、重量差は縮まってしまいます。

デザイン性に凝ってしまえばその分重くなるという場合もあり、単純に考えてもアルミホイールの優位性はあまり考えられないわけです。

確かにリム部分の重力を加味すれば鉄の5分の2程度となるはずですが、強度を得るために同じ成形であるとは限りません。

これは製造方法によってクリアする部分もありますが、おおかた「肉厚」となっていることが考えられます。

もしアルミホイールによる安定性や燃費などの効果を得たいと思うならば、「軽量ホイール」をチョイスするべきです。

大型トラックなどでアルミホイールを採用すると、総重量で100キロ近く軽減することが出来る場合もあり、であれば燃費や安定性は高まります。

また過積載を避けるのにも、貢献できるのです。

そこまで顕著な効果を確認できないまでも、タイヤなども配慮すれば必ず効果は現れていると思われます。

またスタットレスなどを装着するときには、この軽量ホイールを選択することで燃費が悪くなるのを防ぐことが可能でしょう。

ただし剛性と強度に関していうと「軽量ホイール」の有名所はそれなりに低く、「アルミホイールは消耗品」と考えたほうがいいようです。